○電子計算組織運営委員会細則

昭和59年2月10日

細則第1号

(趣旨)

第1条 この細則は、大島町電子計算組織の運営に関する要綱(昭和58年要綱第1号)第17条第3項に基づき、電子計算組織運営委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

2 委員会は、町長の諮問に応じ次の各号に掲げる事項を調査、審議する。

(1) 電子計算組織の利用計画の重大な変更に関すること。

(2) 電子計算組織に係る機種の変更並びに新設及び増設に関すること。

(3) 電子計算組織による事務処理の年間計画に関すること。

(4) その他電子計算組織の運営に関する基本方針及び重要事項に関すること。

(委員会の構成)

第2条 委員会は、委員長及び委員をもって構成する。

2 委員長には、総務課長をもって充てる。

3 委員には、財政係長、住民係長、国保年金係長、課税係長、納税係長、電子計算係長をもって充てる。

(委員長の職務)

第3条 委員長は、会務を総理する。

2 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指定する委員がその職務を代理する。

(委員会の招集)

第4条 委員会は、委員長が必要と認めたとき招集する。

2 委員長は、必要があると認めたときは、事案に関係のある者を委員会に出席させることができる。

(会議)

第5条 委員長は、会議の議長となる。

2 委員会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

3 委員会の会議の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(結果の報告)

第6条 委員長は、委員会における審議及び調査研究の結果について町長に報告するものとする。

(委員会の庶務)

第7条 委員会の庶務は、総務課電子計算係において処理する。

(補則)

第8条 この細則に定めるもののほか、委員会の運営に関して必要な事項は、委員長が、委員会に諮って定める。

附 則

この細則は、昭和59年2月10日から施行する。

附 則(平成14年訓令第2号)

この細則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年訓令第12号)

この細則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年訓令第2号)

この細則は、平成17年2月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令第2号)

この細則は、平成19年2月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令第12号)

この細則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成25年訓令第9号)

この細則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年訓令第11号)

この細則は、平成28年12月1日から施行する。

附 則(平成29年訓令第13号)

この細則は、平成29年3月1日から施行する。

電子計算組織運営委員会細則

昭和59年2月10日 細則第1号

(平成29年3月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第6節 情報管理
沿革情報
昭和59年2月10日 細則第1号
平成15年3月26日 訓令第2号
平成16年4月1日 訓令第19号
平成17年2月1日 訓令第2号
平成19年1月30日 訓令第2号
平成19年3月30日 訓令第11号
平成25年3月29日 訓令第9号
平成28年12月1日 訓令第11号
平成29年3月1日 訓令第13号