○大島町職員の勤務時間、休暇、休憩時間等に関する規程

昭和35年8月1日

訓令第5号

(目的)

第1条 この規程は、大島町職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例(昭和32年条例第31号)第16条の規定に基づき、職員の勤務時間、休暇、休憩時間等に関し必要な事項を定めることを目的とする。

第2条 削除

(年次有給休暇)

第3条 条例第8条に規定する休暇の日数のうち、その年に使用しなかった日数がある場合は、翌年に限り上限を20日としこれを請求(大島町職員の再任用に関する条例に基づき再任用職員となった者が、当該退職以前の勤務と当該採用以後の勤務とが継続するものとみなした場合も同様に扱うことができる。)することができる。ただし、前年(新たに職員となった者にあっては、その職員となった年)における勤務した日の総日数が、勤務を要する日の総日数の8割に満たない職員についてはこの限りでない。

2 職員が条例第7条から第10条の2までの規定により、任命権者の承認を得て勤務しなかった期間及び職員の職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和30年条例第29号)第2条の規定により職務に専念する義務を免除されて勤務しなかった期間は、これを勤務したものとみなす。

(再任用職員の年次有給休暇の付与)

第3条の2 条例第8条第1項の規定で定める日数は、別表第1に定める日数とする。

(病気休暇)

第3条の3 病気休暇は、公務上の負傷又は疾病についてその療養に必要と認める期間とする。

2 前号以外の負傷又は疾病については、引続き90日を越えない範囲内で療養に必要と認める期間とする。ただし、同一疾病については、復職又は勤務した日以後1年以内は療養休暇期間を通算するものとする。

3 病気休暇を請求するときは、医師の証明書を示さなければならない。

(介護休暇)

第4条 条例第10条第1項の規程で定める者は、次に掲げる者であって職員と同居している者とする。

(1) 祖父母及び兄弟姉妹

(2) 父母の配偶者及び配偶者の父母の配偶者

(3) 配偶者の子及び子の配偶者

(4) 孫(その父母のいずれもが死亡している者に限る。)

2 条例第10条第2項の規程で定める期間は介護を必要とする一の継続する状態ごとに通算して6月の期間内(3回以下)において必要と認められる期間とする。

3 介護休暇の単位は1日又は1時間とする。

4 1時間単位とする介護休暇は1日を通じ始業の時刻から連続し、又は終業の時刻まで連続した4時間の範囲とする。

(休憩時間)

第5条 職員の休憩時間は、午後0時から午後1時までとする。

(勤務時間、休憩時間等の特例)

第6条 職務の性質により第2条から前条までの規定によることが適当でない職員の勤務時間、休暇、休憩時間等については、別表第2のとおりとする。

2 所属長は業務の執行上必要があると認めるときは、職員の勤務時間、休憩時間等を臨時に変更することができる。

3 所属長は翌月の勤務表を別表第2の定めに従い作成し、毎月25日までに明示する。

附 則

1 この規程は、昭和35年8月1日から施行する。

2 この規程施行の日から昭和31年訓令第7号(職員の勤務時間等に関する件)は、廃止する。

附 則(昭和46年訓令第6号)

この規程は、昭和47年1月1日から適用する。

附 則(昭和46年訓令第11号)

この規程は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和47年訓令第8号)

この規程は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和48年訓令第5号)

この規程は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年訓令第1号)

この規程は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和54年訓令第6号)

この規程は、昭和54年10月1日から施行する。

附 則(昭和57年訓令第1号)

この規程は、昭和57年7月1日から施行する。

附 則(昭和57年訓令第6号)

この規程は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和58年訓令第6号)

この規程は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和60年訓令第3号)

この規程は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和60年訓令第4号)

この規程は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年訓令第17号)

この規程は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成2年訓令第1号)

この規程は、公布の日から施行し、平成2年7月1日から適用する。

附 則(平成2年訓令第4号)

この規程は、平成3年1月1日から施行する。

附 則(平成3年訓令第4号)

この規程は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成4年訓令第3号)

この規程は、平成4年11月1日から施行する。

附 則(平成8年訓令第4号)

この規程は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成11年訓令第1号)

この規程は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成12年訓令第4号)

この規程は、平成12年6月1日から施行する。

附 則(平成12年訓令第3号)

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年訓令第2号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成16年訓令第8号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する

附 則(平成19年訓令第29号)

この規程は、平成20年1月1日から施行する

附 則(平成21年訓令第3号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年訓令第12号)

この規程は、公布の日から施行し、平成21年6月1日から適用する。

附 則(平成23年訓令第3号)

この規程は、公布の日から施行し、平成23年4月1日から適用する。

附 則(平成24年訓令第2号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年訓令第10号)

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成29年訓令第18号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

別表第1(第3条の1関係)

勤務日数

1週間の勤務時間

再任用職員となった月

1週間の勤務日数

1年間の勤務日数

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

5日

217日以上

20日

18日

17日

15日

13日

12日

10日

8日

7日

5日

3日

2日

4日

169日以上216日以下

30時間未満

16日

15日

13日

12日

11日

9日

8日

7日

5日

4日

3日

1日

30時間以上

20日

18日

17日

15日

13日

12日

10日

8日

7日

5日

3日

2日

3日

121日以上168日以下

30時間未満

12日

11日

10日

9日

8日

7日

6日

5日

4日

3日

2日

1日

30時間以上

20日

18日

17日

15日

13日

12日

10日

8日

7日

5日

3日

2日

2日

73日以上120日以下

30時間未満

8日

7日

7日

6日

5日

5日

4日

3日

3日

2日

1日

1日

30時間以上

20日

18日

17日

15日

13日

12日

10日

8日

7日

5日

3日

2日

1日

48日以上72日以下

30時間未満

4日

4日

3日

3日

3日

2日

2日

2日

1日

1日

1日

0日

30時間以上

20日

18日

17日

15日

13日

12日

10日

8日

7日

5日

3日

2日

別表第2(第6条関係)

所属

事業所

正規の勤務時間

休憩時間

勤務を要しない日

福祉けんこう課

保育園に勤務する職員

1カ月を平均し、1週間当たり平均38時間45分勤務するものとし、時限は、次のとおりとする。その割振りは、課長が定める。

(1) 午前7時30分から午後4時15分

(2) 午前8時から午後4時45分

(3) 午前8時15分から午後5時00分

(4) 午前8時30分から午後5時15分

(5) 午前8時45分から午後5時30分

(6) 午前9時15分から午後6時00分

(7) 午前9時45分から午後6時30分

(8) 午前7時30分から午前11時30分

(9) 午前8時30分から午後0時30分

上記の1カ月とは、毎月1日から末日までの暦月とする。

1時間とし、その時限は課長が定める。

1カ月を通じ7日以上9日以内とし、課長が勤務割により定める。上記の1カ月とは、毎月1日から末日までの暦月とする。

観光産業課

海のふるさと村に勤務する職員

1カ月を平均し、1週間当たり平均38時間45分勤務するものとし、時限は、次のとおりとする。

午後8時30分から午後5時15分

上記の1カ月とは、毎月1日から末日までの暦月とする。

1時間とし、その時限は課長が定める。

1カ月を通じ7日以上9日以内とし、課長が勤務割により定める。上記の1カ月とは、毎月1日から末日までの暦月とする。

勤労福祉会館に勤務する職員

1カ月を平均し、1週間当たり平均38時間45分勤務するものとし、時限は、次のとおりとする。その割振りは、課長が定める。

(1) 午前8時30分から午後5時15分

(2) 午後0時30分から午後9時15分

上記の1カ月とは、毎月1日から末日までの暦月とする。

1時間とし、その時限は課長が定める。

1カ月を通じ7日以上9日以内とし(毎週水曜日を含む。)、課長が勤務割により定める。上記の1カ月とは、毎月1日から末日までの暦月とする。

町営牧場に勤務する職員

1カ月を平均し、1週間当り平均38時間45分勤務するものとし、時限は、次のとおりとする。その割り振りは、課長が定める。

(1) 午前4時30分から午前9時30分

(2) 午後1時30分から午後5時15分

1時間とし、その時限は課長が定める。

1カ月を通じ7日以上9日以内とし、課長が勤務割により定める。上記の1カ月とは、毎月1日から末日までの暦月とする。

教育文化課

学校給食センターに勤務する職員

午前7時45分から午後4時30分

午後0時から午後1時

土曜日

日曜日

町立図書館に勤務する職員

1カ月を平均し、1週間当たり平均38時間45分勤務するものとし、時限は、次のとおりとする。

午前8時30分から午後5時15分(土曜日は午後1時30分から午後5時30分まで)

上記の1カ月とは、毎月1日から末日までの暦月とする。

午後0時から午後1時。ただし、土曜日は与えない。

1カ月を通じ7日以上9日以内とし(毎週月曜日を含む。)、課長が勤務割により定める。上記の1カ月とは、毎月1日から末日までの暦月とする。

大島町職員の勤務時間、休暇、休憩時間等に関する規程

昭和35年8月1日 訓令第5号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
昭和35年8月1日 訓令第5号
昭和46年9月1日 訓令第6号
昭和47年3月25日 訓令第11号
昭和48年3月20日 訓令第8号
昭和49年3月25日 訓令第5号
昭和50年4月1日 訓令第1号
昭和54年9月20日 訓令第6号
昭和57年6月25日 訓令第1号
昭和58年3月31日 訓令第6号
昭和59年3月30日 訓令第6号
昭和61年3月25日 訓令第3号
昭和61年3月31日 訓令第4号
平成元年3月31日 訓令第17号
平成2年7月30日 訓令第1号
平成2年12月27日 訓令第4号
平成4年3月30日 訓令第4号
平成4年10月30日 訓令第3号
平成9年3月26日 訓令第4号
平成12年3月31日 訓令第1号
平成12年6月1日 訓令第4号
平成13年3月30日 訓令第3号
平成14年4月1日 訓令第2号
平成16年4月1日 訓令第8号
平成19年12月7日 訓令第29号
平成21年1月19日 訓令第3号
平成21年6月18日 訓令第12号
平成23年4月30日 訓令第3号
平成24年3月26日 訓令第2号
平成25年3月29日 訓令第10号
平成29年3月31日 訓令第18号