○大島町職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

平成4年3月30日

規則第22号

(目的)

第1条 この規則は、大島町職員給与条例(昭和30年条例第24号。以下「条例」という。)第15条の2第3項の規定に基づき、管理職員特別勤務手当の支給について必要な事項を定めることを目的とする。

(支給要件)

第2条 管理職員特別勤務手当は、職員の当該勤務を要しない日を他の日に振り替えず、又は当該休日の勤務に替えて他の日の勤務を免除しなかった場合に限り、支給する。

(支給額等)

第3条 条例第15条の2第2項及び同項ただし書の規則で定める支給額等は、次の表のとおりとする。

区分

支給対象となる日の勤務時間及び支給額

6時間以下の場合

6時間を超える場合

午前0時から午前5時までの間

課長、室長、場長

10,000円

15,000円

6,000円

主幹

8,000円

12,000円

6,000円

(支給方法)

第4条 管理職員特別勤務手当の支給方法は、その月分を翌月給料の支給方法に準じて支給する。

(委任)

第5条 この規則の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成6年規則第13号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成27年規則第15号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

大島町職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

平成4年3月30日 規則第22号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
平成4年3月30日 規則第22号
平成7年3月31日 規則第13号
平成27年3月31日 規則第15号