○大島町図書館規則

昭和48年7月1日

教委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、別に定めるもののほか大島町図書館(以下「図書館」という。)の管理運営について必要な事項を定めることを目的とする。

(開館時間)

第2条 図書館の開館時間は、午前9時00分から午後5時00分までとする。ただし、館長が特に必要であると認めたときは、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 図書館の休館日は、次のとおりとする。ただし、館長が特に必要があると認めたときは、これを変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

(1) 月曜日

(2) 年末 12月29日から12月31日まで

(3) 年始 1月1日から1月3日まで

(4) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(5) 館内の整理日 館長が別に定める。

(館外閲覧)

第4条 図書を館外で貸出を受けようとする者は、個人帯出カード(様式第1号。以下「カード」という。)の交付を受け館外貸出の手続をとらなければならない。ただし、館長が特に認めたときは特別貸出願(様式第2号)に基づき処理することができる。

2 カードによって1人が同時に借用することのできる図書は、1冊とする。ただし、館長が特に必要があると認めたときは、この限りでない。

(貸出期間)

第5条 図書の貸出期間は、10日以内とする。ただし、館長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(貸出禁止図書)

第6条 館外貸出のできない図書は、次のとおりとする。

(1) 大島町図書館基金による購入図書(文庫)

(2) 特に貴重な図書(郷土資料、民俗、風俗、伝説、民話、地図等)

(3) 辞書及び学習参考書

(4) 全集及び双書

(5) 逐次刊行物

(6) その他館長が指定した図書

(入館禁止)

第7条 館長は、伝染性の疾患のある者又は風紀を害するおそれのある者に対しては、入館を拒否することができる。

(図書の返却)

第8条 館長は、図書を紛失し、又は破損したものに対して同一の図書又はそれに類似した図書を代償させることができる。

2 図書の返却を怠った者に対しては、貸出を制限し、又は貸出を禁止することができる。

(図書の寄贈)

第9条 図書を本館に寄贈しようとする者は、その目録をそえて提出するものとする。

2 前項の規定により寄贈を受けた図書のうち、当該図書の評価類の総額が50万以上で、寄贈者の希望により大島町教育委員会が適当と認めるものは、文庫として別に整理し、永く篤志を伝えるものとする。

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、管理運営について必要な事項は、館長が定める。

附 則

この規則は、昭和48年7月5日から施行する。

附 則(昭和53年教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和60年教委規則第1号)

この規則は、昭和60年5月20日から施行する。

附 則(平成14年教委規則第3号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成22年教委規則第5号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

画像

画像

大島町図書館規則

昭和48年7月1日 教育委員会規則第1号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和48年7月1日 教育委員会規則第1号
昭和53年5月16日 教育委員会規則第1号
昭和60年5月20日 教育委員会規則第1号
平成14年4月1日 教育委員会規則第3号
平成22年3月9日 教育委員会規則第5号