○大島温泉元町浜の湯条例

平成3年3月25日

条例第23号

(設置)

第1条 町民の福祉の向上及び観光振興を図るため大島温泉元町浜の湯(以下「浜の湯」という。)を東京都大島町元町字トンチ畑882番に設置する。

(使用)

第2条 浜の湯を使用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

(使用料)

第3条 浜の湯の使用料は、別表のとおりとする。

2 町長は、特別の理由があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第4条 既に納付された使用料は、還付しない。ただし、町長が特に必要と認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(使用の制限)

第5条 町長は、次の各号の一に該当すると認める場合は、使用を禁じ、又は退去させることができる。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 伝染性の疾病にかかっている者と認められるとき。

(3) 施設等をき損するおそれがあると認められるとき。

(4) 町長の指定する着衣を使用しない者と認められるとき。

(5) 定数以上の使用者があると認められるとき。

(6) 前号のほか管理上支障があると認められるとき。

(損害賠償)

第6条 浜の湯の施設を使用する者が施設等に損害を生ぜしめた場合は、町長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、町長は、やむを得ない理由があると認めたときは、賠償額を減額又は免除することができる。

(管理運営)

第7条 町長は、浜の湯の管理運営を、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、指定管理者に行わせることができる。

(委任)

第8条 この条例について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成10年条例第7号)

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成18年条例第14号)

この条例は、平成18年4月1日から施行し、平成18年9月1日から適用する。

附 則(平成21年条例第5号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成28年条例第10号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年6月1日(以下、「施行日」という)から施行する。

(経過措置)

2 施行日前日までに購入した回数利用券については、施行日から1年後の前日までの間は従前の例による。

別表1(第3条関係)

区分

一般利用

回数利用券

摘要

大人

(1回)

小人

(小中学生)

(1回)

大人

(12回券)

小人

(小中学生)

(12回券)

次の場合、小人料金を適用する。

1 障害者手帳を提示する者及びその入浴介助者が使用するとき

2 年齢満70歳以上の者が使用するとき

使用料

300円

150円

3,000円

1,500円

別表2(第3条関係)

区分

使用料

摘要

一般パスポート

大人

13,000円

島民 発効日より1年間利用 浜の湯のみ有効(注)

一般パスポート

小人(小中学生)

6,500円

島民 発効日より1年間利用 浜の湯のみ有効

一般パスポート

大人

1,500円

発効日より3日間利用 御神火温泉共通券(注)

一般パスポート

小人(小中学生)

700円

発効日より3日間利用 御神火温泉共通券

注 次の場合、小人料金を適用する。

1 障害者手帳を提示する者及びその入浴介助者が使用するとき。

2 年齢満70歳以上の者が使用するとき。

大島温泉元町浜の湯条例

平成3年3月25日 条例第23号

(平成28年6月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章
沿革情報
平成3年3月25日 条例第23号
平成10年12月16日 条例第7号
平成18年3月13日 条例第14号
平成21年3月18日 条例第5号
平成28年3月15日 条例第10号