ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

観光その6

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月2日更新

岡田港
かつて林芙美子が “東洋のナポリ” と讃えた岡田港は、 波や風の状態によって元町港と使い分けられている。
日の出
岡田港の日ノ出浜は、波もおだやかで家族連れの海水浴に利用される。
波浮港
 その昔、水蒸気爆発でできた池が津波で海とつながり、更に秋広平六が開港して港とした波浮港。風待ちの港として栄えた面影を残す町並み、オタアジュリアの悲しい物語、全国に歌われた“磯の鵜の鳥ゃ日暮れにかえる…”こんな数多いロマンの一つに、川端康成の「伊豆の踊子」があります。
踊子一座が伊豆への巡業の拠点として逗留し、時には地元の人やお客達を慰安したのがこの地で、いま、ゆかりの港屋旅館、甚の丸邸を復元し「踊子の里」として保存しています。