ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 子育て > 医療 > 乳幼児の医療費の助成制度

乳幼児の医療費の助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月18日更新

 

制度の目的

 この制度は、乳幼児を養育している方に乳幼児の医療費の一部(自己負担)を助成することにより、乳幼児の保健の向上や健やかな育成を図ることを目的とします。

医療費の助成

 病院、診療所などで受診したときなどに支払う保険の自己負担分について助成します。なお、入院時の食事代は自己負担になります。

保険給付8割助成2割の図です。

助成を受けられる方

 大島町に住所を有し、義務教育就学前の乳幼児(6歳になって最初に迎える3月31日まで)を養育している次のいずれかに該当する方

  • 国民健康保険または各種社会保険に加入している。
  • 生活保護・里親制度などを受けていない。
     

所得制限         

 所得制限はありません。                                                          

 ※認定区分設定のため、所得額の確認は行います。

所得制限額(参考)

扶養親族の数所得制限額
乳幼児を育てている者
0人622万円  
1人660万円  
2人698万円  
3人736万円
4人774万円
5人812万円  
6人以上1人につき38万円加算

 

助成を受けられない方

  • 大島町のひとり親家庭医療費の助成を受けている。
  • 東京都の心身障害者医療費の助成を受けている。
  • 生活保護を受けている。
  • 里親に委託されている。

手続き

この制度に該当する方は、次の書類を提出して申請してください。

  • 医療証交付申請書
  • 印鑑
  • 健康保険証の写し(申請者およびお子さん分)
    ※出生による申請の場合、お子さんが加入する予定の保険証の写しまたは母子手帳「出生届済証明欄」の写し
  • 平成27年1月1日に大島に住所のない方は、保護者(父・母両方)の「平成27年度(平成26年中)所得証明書」または「平成27年度課税(非課税)証明書」
    ※所得額・扶養人数・控除額・税額の内訳の記載があるもの。源泉徴収票、税額決定通知書等では受付できません。
    ※配偶者が配偶者控除の対象となっている場合は、配偶者分の所得証明書は必要ありません。

その他

 東京都外や、医療証(マル乳)を取り扱わない医療機関で受診したときなどには、医療助成費支給申請書に医療費の領収書を添付して保険診療の自己負担分を町に請求できます。