校長室
学校紹介
学校行事
生徒会
部活動
PTA
TOP > 学校紹介 > 学校の沿革
教育目標生徒数 学校の沿革  校歌・校章  施設紹介  
学校配置図
    相談室    あしたぼ学級(通級指導学級)
学校の沿革
大島町立波浮中学校         大島町立第三中学校     
昭和22. 4. 1
〃 22. 4.19
〃 22. 6.18
〃 27. 4. 1
〃 30. 4. 1
東京都波浮村立第4中学校創立
初代校長  坂口一雄就任
校舎落成(教室3・職員室1)
大島波浮村立波浮中学校と改称
大島町立波浮中学校と改称
昭和22. 4.21
〃 22. 4.19
〃 23. 4.10
〃 28. 4. 1
〃 28. 5. 6
〃 28.10.29
〃 30. 2. 7
〃 30. 3.19
〃 30. 4. 1
大島差木地村立大島第三中学校創立
初代校長 松木善見就任
現在地に移転
第2代校長 立木久典就任
増築校舎落成(教室3)
隣接施設一棟払い下げを受ける
校章制定
校歌制定
大島町立第三中学校と改称     

昭和34.10. 1

〃 35. 3.31
〃 37. 4. 1

〃 40. 4. 1
〃 43. 6.27
〃 45. 4. 1
〃 47. 3.31
〃 48. 4. 1
〃 48. 7.15

〃 48.10.10
〃 49. 3.31

〃 51. 4. 1
〃 53. 4. 1
〃 54. 3.31
〃 54. 4.21
〃 55. 4. 1
〃 58. 4. 1
〃 61.11.27
~12.20
〃 62. 3.14
平成元. 4. 1
〃     8. 1
〃  2. 2.26
〃  4. 4. 1
〃  5. 8.31
〃  7. 4. 1

平成11. 4. 1
〃 13. 4. 1
波浮中と三中との統合による
大島町立第三中学校発足
第3代校長 坂口一雄就任
新校舎落成(教室5・理科室・家庭科室)
第4代校長 寺田一十就任
第5代校長 関根茂就任
体育館落成式挙行
第6代校長 藤井正二就任
新校舎落成(職員室・図書室等)
第7代校長 福井祥亮就任
体育館裏にプール完成(25M×11M)
校旗伝達式(校旗制定日)
増築特別教室完成

 
(美術・技術・理科・家庭科室)
第8代校長 竹中康太郎就任
第9代校長 佐久間逸雄就任
新校舎完成(教室6・視聴覚室等)
統合20周年・新校舎落成記念式典
第10代校長 赤木正民就任
第11代校長 時得壮夫就任
伊豆大島噴火災害のため島外避難
都内23校に転入学
新体育館落成完成記念式典
第12代校長 白木義三就任
バックネットと改築竣工なる
グランド散水栓設置なる
第13代校長 梅田鶴雄就任
コンピューター室改修竣工なる
第14代校長 増木米孝就任
第15代校長 山中雄吉就任
第16代校長 谷口政和就任
〃 16. 4. 1
〃 18. 4. 1
〃 20. 2. 1
〃 20. 2.25
〃 21. 4. 1
〃 22. 9. 1
〃 23. 9. 1
〃 24. 4. 1
〃 25. 4. 1
〃 26. 4. 1
第17代校長 樋口秀司就任
第18代校長 川島郁雄就任
つつじ小学校起工式(三中敷地内)
テニスコート移転完了
つつじ小開校(三中隣接地)
南校舎改修工事完了
北校舎改修工事完了
第19代校長 尾暮亮就任
通級指導学級「あしたぼ学級」を設置
第20代校長 山下博一就任
主な運動記録
昭和39. 7.21

〃 40~48年
〃 58.12.18

〃 61~平4  

〃 63~平2  

平成 2~6   

〃  5     

〃  5.11.14

〃 15. 7.26
〃 12  ~ 16
〃 17. 7.24
〃 18. 7.22
〃 19. 7.22
〃 20. 7.22
京都中学校野球選手権大会に
三中生を主軸に出場・優勝
大島町体育祭駅伝競走で9年連続優勝
東京都中学校駅伝競走大会にて
3位入賞
大島町体育祭・体育レク大会優勝
7連覇
大島町体育祭・水泳大会優勝
3連覇
大島町体育祭・駅伝競走大会
優勝5連覇
大島町体育大会・駅伝競走新記録
優勝
東京都中学校駅伝競走大会に出場
4位入賞
都中学校野球選手権大会ベスト8
ソフトテニス夏季選手権大会5連覇
都中学校野球選手権大会ベスト16
都ソフトテニス夏季選手権大会
都ソフトテニス夏季選手権大会
都中学校野球選手権大会 2回戦敗退
 

地域の概要
 通学区域は、波浮港・クダッチ・差木地・間伏の通称「南部地区」と呼ばれている所である。
 南部地区には、地層切断面や大島一長い砂の浜、波浮港、筆島という大島を代表する観光地があり、海原
には利島から御蔵島までが眺望できる。産業では、大島名産のくさやを製造するお店が集中している地区でも
ある。また、野球場や400Mトラック、ボーリング場などのスポーツ施設が整っている。
 古くは、全国有数の漁業基地で栄えた波浮港と農林業や自営業・公務員を中心とする差木地を中心とする南
部地区は、人口も多く本校も1学年3学級もあった。
 現在では、農林水産業の第一次産業不振や後継者の減少で、その規模を縮小し、土建業や公務員などの勤
め人やお店の自営業が中心となっている。また、観光客の減少でそれまであった民宿が姿を消し、特に南部地
区には、宿泊施設が少ない。
 こうした産業不振をはじめとする社会の変容は人口の減少も加速させ、南部地区の少子化と高齢化は大島の
中でも顕著である。
  Copyright (c) 2008 Oshima 3rd Junior high school -All rights reserved.