ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子どもの予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

子どもの定期予防接種として、ヒブ(インフルエンザ菌b型)、小児用肺炎球菌、四種混合(DPT-Ipv:ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)、二種混合(DT:ジフテリア・破傷風)、麻しん(はしか)風しん混合(MR)、水痘(水ぼうそう)、BCG、日本脳炎、子宮頸がん、B型肝炎の予防接種を行っています。

乳幼児がかかる病気でもっとも多いのがさまざまな感染症です。ワクチンは、病原体に対する免疫をつくることで、発症をおさえたり罹っても症状を軽くしたりし、命の危険や重い後遺症が残ることもある感染症から子どもたちを守ってきています。また、本人が病気にかからないようにするだけでなく、周りの人々や次の世代での感染症を防ぐ効果もあります。予防接種について正しく理解し、計画的に接種してください。

定期予防接種一覧

大島町では、すべての予防接種が『個別接種』となっています。
標準的な接種年齢を迎えるころに、ご自宅へ個別にお知らせと予診票をお送りしていますので、各自ご予約のうえ、接種してください。

紛失、見合わせなどで予診票が足りない方は、母子手帳をお持ちの上、福祉けんこう課窓口へお越しください。
標準的な接種年齢を超えても定期接種として無料で接種できることがありますので、受けそびれていた方、中断していた方もお気軽に保健師へご相談ください。

予防接種の種類標準的な年齢回数
ヒブ初回生後2ヶ月~3回
追加1歳1回
肺炎球菌初回生後2ヶ月~3回
追加1歳1回
四種混合(DPT-Ipv)初回生後3ヶ月~3回
追加1歳1回
二種混合(DT)11~12歳(小6)1回
BCG生後5~8ヶ月1回
麻しん風しん(MR)1期1歳1回
2期5~6歳(年長)1回
水痘(水ぼうそう)1歳2回
日本脳炎1期初回3歳※2回
1期追加4歳※1回
2期9歳※1回
子宮頸がん中学1年3回
B型肝炎1回目2ヵ月1回
2回目1回目から27日以上1回
3回目1回目から139日以上1回

※日本脳炎の予防接種については、平成17年度~平成22年度まで厚生労働省により積極的勧奨が差し控えられていたため、平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は「経過措置対象者」として20歳の誕生日前日まで定期接種として無料で接種できます。平成29年度は、18歳を迎える方へ2期接種のご案内をお送りします。平成19年度以降に生まれた方へは、接種年齢に個別にお知らせしています。

平成29年度予防接種一覧表 [PDFファイル/196KB]

予防接種チェック表 [PDFファイル/127KB]

実施医療機関

接 種 場 所接 種 日 時
大島医療センター
小児科外来

祭日を除く毎週 水曜日 午後2時00分から
※接種予定日の1週間前までに予約が必要となります。
Tel 2-2346 (大島医療センター予約専用ダイヤル)

※ただし、BCGは第3水曜、13時15分~のみの受付となります。

料金

法律で定められた年齢の期間内であれば、無料。
その期間を超えると自費となりますので、ご注意ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)