ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国際優秀つばき園

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月29日更新

平成28年2月26日(金)
大島公園・大島高校・椿花ガーデンが国際優秀つばき園に認定!

国際優秀つばき園とは、世界的に権威のある国際ツバキ協会(ICS)が認定する優秀な椿園のことです。
現在、世界には約40箇所の国際優秀つばき園があり、認定されれば「世界に認められた椿園」として名誉ある椿園となります。認定されるためには国際ツバキ協会による審査を受け、一定の認可基準(展示品種数200種以上、優秀な管理、継続的な運営など)をクリアしなければなりません。

圧倒的な規模と設備を誇る「大島公園」

大島公園の風景椿園の敷地面積は7haもあり、なんと東京ドーム約1.5個分に相当する規模を誇ります。園内には約1,000品種、3,200本の園芸品種と5,000本のヤブツバキが植えられています。品種数の多さに加えて、温室などの設備も兼ね備えており、世界の椿園と比べても圧倒的な規模の椿園であり、昨年大島に来島されたジェニファー英国理事にも「世界一」の椿園との評価を頂きました。

教育機関としては世界初!「大島高校」

大島高校の外観大島と椿との深いつながりを考慮した、地域に根付いた教育のための椿園であり、約350種類、1,000本以上の園芸品種、原種を管理しています。貴重な教材として生徒の栽培管理実習や、園芸講座などに活用されています。実際に教育材料として使われている椿園は世界をみても大変珍しく、認定の大きなポイントとなりました。また、学校の椿園が国際優秀つばき園となった例は今回が初めてであり、世界でも例を見ない大変貴重な椿園として評価されています。

早咲きツバキと絶景の富士山「椿花ガーデン」

椿花ガーデンの風景数多くの早咲き椿の品種をみることができるうえ、園内からは視界の開けた丘から絶景の富士山を望むことができ、椿や富士山といった日本の美が堪能できる、世界にも誇れる椿園として大変高い評価を受けています。また、世界と比べてもここまで丁寧に管理されている椿園は珍しく、約400品種、2,000本のきれいな椿を楽しむことができ、この点が認定へとつながった大きな要素となりました。

国際優秀つばき園に向けた取組を紹介しています!

http://www.soumu.metro.tokyo.jp/11osima/window/englishcameliaindex.html(コラム「カメリア」)