○大島町公営企業職員の給与に関する規程

昭和50年4月1日

訓令第7号

(目的)

第1条 この規程は、大島町企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和49年条例第37号)第2条の規定に基づき、企業職員(以下「職員」という。)の給料、初任給調整手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、特殊勤務手当、超過勤務手当、休日給、管理職手当、管理職員特別勤務手当、宿日直手当、期末手当、勤勉手当の額及び支給に関する事項を定めることを目的とする。

(準用)

第2条 前条の職員の給料及び手当については、次の各号に掲げる条例、規則を準用する。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年訓令第10号)

この規程は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(平成3年訓令第11号)

この規程は、平成4年4月1日から施行する。

大島町公営企業職員の給与に関する規程

昭和50年4月1日 訓令第7号

(平成4年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 人事・給与
沿革情報
昭和50年4月1日 訓令第7号
昭和58年3月31日 訓令第10号
平成4年3月31日 訓令第11号